サービス内容・スペック

どんなときもWiFiの周波数は?繋がりやすさを左右する大事な要素だけど…

どんなときもWiFiの周波数は?繋がりやすさを左右する大事な要素だけど…

「どんなときもWiFiの周波数帯や通信速度って、実利用に耐えられる?」

「WiMAXより理論値が低いけど大丈夫なの?」

そんな疑問にお答えすべく、この記事ではどんなときもWi-Fiの周波数帯・通信速度について解説します。

また、WiMAXより理論値が低いけど大丈夫なのかどうかも明らかしていきます。

計測値の低さを懸念している人は、この記事を読めば安心してどんなときもWiFiを利用できるようになるかと思います。

どんなときもWiFiの周波数は700〜900MHz

どんなときもWiFiの周波数は700〜900MHzです。

この700〜900MHzというのは、ソフトバンク、ドコモ、auの3大キャリアが使用している回線の周波数帯です。

この回線の特徴としては、「障害物に強い」という点が挙げられます。

3大キャリアのプラチナバンドを使用している

どんなときもWiFiは、ソフトバンク、ドコモ、auの3大キャリアの4G回線(4G/4GLTE)であるプラチナバンドを使用しています。

この3大キャリアの電波が届くところであれば接続可能なので、どんなときもWiFiは日本のほぼ全域で使用可能ということになります。

また通信速度に関しても三大キャリアと同等の速度で利用することが可能です。

プラチナバンドとは

プラチナバンドというのは、周波数帯のうち、UHF(極超短波)帯の一部である700~900MHz帯のことを指します。

KDDI(au)とNTTドコモが800MHz帯、ソフトバンクは900MHz帯となっています。

UHF(極超短波)とは

周波数が300MHz~3GHzの電波のことを指します。

電波の直進性が高くしやすい性質を持っています。

周波数が高ければ高いほど電波の受信感度が高まります。

では周波数が高ければ高いほど良いかというとそういうわけでもありません。

詳しくは後述します。

障害物に強く繋がりやすい

プラチナバンドは障害物に強くつながりやすいという特徴もあります。

そのため、どんなときもWiFiはどこで使ってもつながりやすく万能であると言えます。

普段スマホを使っていて、圏外になるというシーンはあまりないのではないでしょうか。

一方、WiMAXを使っていると、山間部でもないのに電波が繋がりにくい、という経験はないでしょうか。

それはWiMAXが2.4GHz、5GHzの帯域を使用しているからなんです。

WiMAXの方が周波数が高く電波感度も高いのですが、その分「障害物に弱い」という弱点があります。

WiMAXの2.4GHz、5GHzとの違い

それではWiMAXの2.4GHzと5GHzとの違いは具体的にはどういったものがあるのでしょうか。

2.4GHzはどんな帯域?

2.4GHzは、5GHzよりも周波数が低いため、より遠くまで電波が届きやすいのが特徴です。

また、IHクッキングヒーター、Bluetooth、PC,スマホ、電子レンジなどの家電といった、日常のあらゆる機器で使用されています。

そのため、電波干渉が起きやすく通信が不安定になりやすいのがデメリットです。

5GHzはどんな帯域?

5GHzはWi-Fiでしか使われない周波数なので、電波干渉が起きにくいという特徴があります。

しかし、壁などの障害物には弱いので、電波が届かなくなりやすいです。

WiMAXより安定している

ここまで見てみると、どんなときもWiFiの周波数が最も低く、通信速度が低いように思えますが、実利用ではWiMAXもどんなときもWiFiも大差ありません。

体感速度が変わらないうえに、電波の安定性や繋がりやすさはどんなときもWiFiの方が優勢なので、どんなときもWiFiの方が快適に使える場合が多いです。

どんなときもWiFiの無線規格は?

周波数以外にも、電波関連でチェックしておきたい指標があります。

それは、「無線規格」です。

この無線規格というのは、無線の周波数によって分類されています。

無線LANは「IEEE802.11」という規格で、さらに「a」「b」「g」「n」というように分けられているんです。

規格ごとに異なる通信特性を持っています。

規格 周波数帯 最大通信速度
IEEE802.11b 2.4GHz 11Mbps
IEEE802.11g 2.4GHz 54Mbps
IEEE802.11a 5GHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4GHz
5GHz
600Mbps
IEEE802.11ac 5GHz 6.9Gbps
IEEE802.11ad
(WiGig) 60GHz 6.8Gbps
IEEE802.11ax 2.4GHz
5GHz
9.6Gbps

引用:https://flets-w.com/user/point-otoku/knowledge/wi-fi/wi-fi06.html

無線規格は”IEEE802.11b/g/n”

どんなときもWiFiの無線規格は「IEEE802.11b/g/n」です。

これは、「b」「g」「n」の3種類に対応しているという意味です。

「a」は5GHzの通信に対応しているもののみにつきます。

よって、どんなときもWiFiの通信速度の理論値は150Mbps、かつ5GHzには対応していないので、「IEEE802.11b/g/n」となるわけです。

IEEE802.11b/g/nの特徴

IEEE802.11b/g/nは、「b」「g」「n」の3つの特徴を持っています。

IEEE802.11b/g/nのメリット

障害物に強く、窓や壁を隔てても電波が届きやすいのがメリットです。

ルーターが置いてある部屋と実際にPC・スマホなどを使う場所が違っても、しっかり電波をキャッチしてくれます。

IEEE802.11b/g/nのデメリット

2.4GHz帯では、電波干渉が起きやすいという点です。

先述した通り、2.4GHzの周波数帯はさまざまな機器に使われています。

そのため、通信が不安定になりやすくなっています。

まとめ

どんなときもWiFiの周波数帯についてお伝えしてきました。

WiMAXと比べると、周波数帯や通信速度の理論値自体は低くなっています。

しかし、実速度はどちらも大差がない上、WiMAXよりも繋がりやすいので、普段使いであればどんなときもWi-Fiのほうが利便性が高いといえます。

速度の理論値だけ見て、契約するかどうかを迷っているのは正直もったいないです。

快適にゲーム・ネット・動画を楽しむためにも、ぜひどんなときもWi-Fiを導入してみてください。

きっと繋がりやすさと速度の安定性にびっくりすると思います。

>>>どんなときもWiFiで快適にネットを楽しむ