クラウドSIMまとめ

クラウドSIMのWi-Fiがおすすめできない決定的理由【代替Wi-Fiも紹介】

クラウドSIMのWi-Fiがおすすめできない決定的理由【代替Wi-Fiも紹介】

クラウドSIMのWiFiがアツいらしいけど、実際どうなの?

通信無制限とか、クラウドSIM最強じゃん!

…実は、クラウドSIMはメリットばかりではないんです。

盲目的に「クラウドSIMのWi-Fiにしよ!」…これだと、失敗する可能性があります。

 

当サイトではクラウドSIMはあまりおすすめしていません。

それには、【ある決定的な理由】があるからです。

 

クラウドSIMとは|物理SIMカードが不要

クラウドSIMとは|物理SIMカードが不要

そもそもクラウドSIMとはいったい何なのでしょうか。

クラウドSIMというのは、仮想化されたSIMカードのことです。
※参考:KDDI 用語集|クラウドSIM

ん?どゆこと?

通常、モバイル端末(スマホ、Wi-Fiルーターなど)にはSIMカードが入っています。

このSIMカードがあることでモバイル通信を可能にしています。

通常SIMカードがないとモバイル通信ができないのですが、クラウドSIMの技術を使えば端末にSIMカードを入れなくても通信できちゃうんです。

 

クラウドSIMの仕組み

クラウドSIMは、SIMカードを端末本体ではなく、サービス提供元のサーバーで管理をしています。

通信のたびにサーバー上のSIMカードとモバイル端末が紐づけられ、一対一の関係になります。

★画像

関連記事:⇒仕組み

 

クラウドSIMのメリット・デメリット

クラウドSIMのメリット・デメリット

とはいえ、これだけではクラウドSIMの何がいいのか分からないと思います。

具体的にはどんなメリットがあるのか見ていきましょう。

デメリットもあるので合わせてお伝えします。

 

クラウドSIMのメリット

まずはクラウドSIMのメリットです。

  • 3大キャリアの回線が使える
  • 利用可能なエリアが広い
  • 家の中でも安定した通信速度
  • 海外でも利用可能
  • 通信制限なし(の場合が多い)

 

クラウドSIMのデメリット

一方、クラウドSIMのデメリットはこんな感じです。

  • 端末の起動が遅い
  • 同時接続台数が少ない
  • 通信速度の理論値が低い

 

上記のようなデメリットがありますが、実はそこまで影響ありません。

実利用においては大して気にならず、問題なく通信可能です。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、併せてご覧ください。

関連記事:⇒メリデメ内部リンク

 

【障害多発】クラウドSIMはおすすめできない

【障害多発】クラウドSIMはおすすめできない

上述したデメリットは大したことないものの、クラウドSIMは当サイトとしてはあまりおすすめできません。

というのも、2020年3月に立て続けにクラウドSIMのモバイルWi-Fiで通信障害が起きているから。

1社だけならともかく、複数の会社で障害発生しているので、クラウドSIMのモバイルWi-Fiを検討している際は慎重になるべきです。

 

【障害発生したクラウドSIMのWi-Fi】

  • どんなときもWiFi
  • 限界突破Wi-Fi

 

どんなときもWiFiの事例

どんなときもWiFiでは、2020年2月と3月で2回の通信障害が発生しました。

どちらも長期間にわたる障害(数か月単位)で、利用者に甚大な影響をもたらしました。

 

新型コロナウイルスの影響により、テレワークなどでモバイルWi-Fiの需要が高まり、クラウドSIMの供給が追いつかなくなったことが原因です。

通信障害が起きたのも大問題ですが、その時の対応にも問題があり、大きなバッシングを受けています。

 

この障害に伴い、どんなときもWiFiでは通信制限を設けています。

もともと無制限通信が可能でしたが、現在は1ヶ月25GBまでの通信となっています。

 

現在は障害の影響を受けたユーザーに対し、3月・4月分の月額料金の返金・免除と、違約金無料の解約を受け付けています。

また、障害発生に伴い新規受付を停止している状況です。

 

※以前は当サイトでもどんなときもWiFiをおすすめしていましたが、立て続けに起きた障害により、現在は非推奨です。

関連記事:【最新状況】どんなときもWiFiの通信障害【遅い・繋がらない時の対処法も】

 

限界突破WiFiの事例

限界突破WiFiでも2020年3月に通信障害が発生していました。

どんなときもWiFi同様、新型コロナウイルスの影響でクラウドSIMの供給が追いつかなくなったことが原因です。

 

現在は3月分の利用料金の返金と、違約金無料での解約を行っています。

この障害に伴い、本来無制限通信でしたが1日5GBまでという制限が付けられ、「無制限WiFi」としては機能しなくなりました。

 

なお、限界突破WiFiの場合は迅速に対応・報告・謝罪を行ったことで、どんなときもWiFiよりは批判されていません。

他のクラウドSIMのWiFiでも通信障害が起きる可能性は否定できません。

現時点ではクラウドSIMは避けた方が無難と言えます。

関連記事:⇒障害内部リンク

 

【おすすめ】クラウドSIMじゃないモバイルWi-Fi

【おすすめ】クラウドSIMじゃないモバイルWi-Fi
とはいっても、今は緊急事態宣言がでたこともあり、家にいることが多いんだ。

テレワークとかでWi-Fiが必要だし、どうしよう…。

であれば、クラウドSIMじゃないモバイルWi-Fiを使えばOKです。

物理SIMカードが入った端末ですね。

 

例えばこのようなものがあります。

 

それがだいじWi-Fi

現在当サイトでもおすすめしているのが、この「それがだいじWi-Fi」。

それがだいじWi-Fiは通信速度・品質・価格のバランスがよく、コスパに優れたモバイルWi-Fiです。

 

【それがだいじWi-Fiの特徴】

  • 対応エリアが広い
  • 安定した通信速度
  • 低価格な料金プラン
  • 発送~到着までがスピーディ
  • 100GB以上使っても大丈夫(※プランによる)

 

【それがだいじWi-Fiの料金】

20GBプラン2,380円(税別)
30GBプラン2,680円(税別)
50GBプラン2,980円(税別)
100GB保証プラン3,180円(税別)

 

月額料金が2,380円~と他のWi-Fiと比較してもかなり安く、使い放題プラン(100GB保証プラン)でも3,180円で利用可能なんです。

これは、安いといわれているクラウドSIMタイプのWi-Fiよりも安く、口コミでも評判になっています。

 

筆者もどんなときもWiFiからそれがだいじWi-Fiに乗り換えましたが、契約後は一切不自由を感じることなく使えています。

テレワークはもちろん、YouTubeの視聴も快適で、さらには動画のアップロード、ゲームのダウンロードも問題なくできます。

 

日常利用にはもってこいのWi-Fiルーターです。

関連記事:【評判】それがだいじWi-Fiのリアルな口コミ

 

FUJI WiFi

FUJI WiFiも「コスパが良い」「快適に使える」と評判のモバイルWi-Fiです。

どんなときもWiFiの障害発生後、FUJI WiFiに乗り換える人も多数いるとか。

 

【FUJI WiFiの特徴】

  • 対応エリアが広い
  • 安定した通信速度
  • 1日3GB・3日で10GBの制限なし
  • 格安な月額料金
  • 契約期間なし・解約金0円

 

【FUJI WiFiの料金】

25ギガプラン2,480円
50ギガプラン2,980円
100GBプラン3,280円
快適!クラウドプラン
(容量無制限)
3,980円

 

FUJI WiFiも料金が安く、最安値は2,480円(25GBプラン)となっています。

契約期間なし・違約金0円というのも大きな魅力です。

人気なルーターを選びたい人や、契約期間・違約金重視の人はFUJI WiFiがおすすめです。

 

WiMAX

モバイルWi-FiといえばWiMAX、という人もいるかと思います。

WiMAXの知名度は抜群で、利用者も大勢います。

※この記事はUQ WiMAXの特徴・料金を紹介します。

 

【UQ WiMAXの特徴】

  • 最大1Gbps(理論値)の高速通信
  • auのスマホを使っていれば、割引あり
  • 工事不要・即使える

 

【UQ WiMAXの料金】

 ギガ放題:3,880円/月

 

通信スピードもダントツに速く、特に首都圏だとその威力を発揮します。

なお、対応エリアは全国的に展開していますが、一部繋がらない場所もあるので要注意です。

また、対応エリア内でも室内だと繋がりにくい場合もあります。

WiMAXを使う際は、万が一繋がらなかった場合を想定して、初期契約解除(クーリングオフ)前提で試しに使ってみてください。

 

それでもクラウドSIMがいいならこの3つ

それでもクラウドSIMがいいならこの3つ
でも、障害の起きていないクラウドSIMなら別にいいでしょ!

当サイトではあまりおすすめしませんが、障害が起きていないクラウドSIMのWi-Fiなら使ってみてもいいかもしれません。

 

現時点で障害の起きていないクラウドSIMのモバイルWi-Fiはこちらです。

  • ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)
  • THE WiFi(ザ・WiFi)
  • クラウドWiFi東京

 

ZEUS WiFi(ゼウスWiFi)

ゼウスWiFiはクラウドSIMの恩恵をフル活用できます。

通信制限はないですし、3大キャリア対応で通信速度・品質も安定しています。

海外に行く人であれば、端末をもっていけばそのまま使えます。

月額料金も安く、2,980円で使い放題。

障害が起きなければ優秀なモバイルWi-Fiです。

 

THE WiFi(ザ・WiFi)

加藤浩次さんがイメージキャラクターを務めるTHE WiFi(ザ・WiFi)。

THE WiFi(ザ・WiFi)も通信無制限、日本全国どこでも使用可能、安定した速度・品質です。

 

クラウドWiFi東京

クラウドWiFi東京も同様に、通信無制限、日本全国どこでも使用可能、高品質な通信状況を誇っています。

中でも特徴的なのが、契約期間なし・違約金0円という点。

いつ解約してもOKですし、違約金もかからず負担なくやめられます。

今後、万が一障害が起きて解約したくなったとしても、気兼ねなく手放せるが嬉しい点。

リスク対策もできるモバイルWi-Fiです。

 

まとめ:クラウドSIMより普通のWi-Fiの方が確実

まとめ:クラウドSIMより普通のWi-Fiの方が確実

クラウドSIMには通信無制限・広域な対応エリア・高品質な通信・海外利用可など、魅力的なメリットがたくさんあります。

ですが、どんなときもWiFiや限界突破WiFiのような、クラウドSIMの供給不足による通信障害が起きるリスクもあります。

 

特に今はテレワーク(リモートワーク)や「おうち時間」でモバイルWi-Fiの需要が急増しています。

だから、なるべくリスクを抑えるという意味でも、クラウドSIMより普通のWi-Fiの方が確実と言えるんです。

今からモバイルWi-Fiを選ぶ方は、ぜひこの点を念頭に置いて選んでください。

おすすめのモバイルWi-Fiまとめ